珈琲のフレーバーを楽しむ。

朝食は、ドリップコーヒーとフルーツにしているmiriです。

1月と2月、珈琲セミナーを受講してきました。
京都の下鴨神社のそばにある自家焙煎のライトアップコーヒーというお店で定期的に行われています。
ライトアップコーヒーは、東京吉祥寺ではじまり、今では自由が丘と距離が離れて京都にお店があります。
このお店は、農作物としてコーヒーを扱い、産地や作り手による素材の味を楽しむ新しいコーヒー文化を
伝えるというコンセプトで、豆のフレーバーを生かす浅煎り珈琲豆を扱っており、大型チェーンではない
ところに魅かれました。

カッピング(フレーバーの違いを捉える)

フレーバーを捉える。というテーマで、豆によっての香と味について学びました。
コーヒー豆は、ベリー系の酸味、シトラス系の酸味、そしてナッツ・チョコレートのフレーバーに
分けられます。フレーバーは、豆の種類によって違いますが、焙煎方法でもその豆らしい風味を
生かしたりなくしてしまったりするとのことでした。

ベリー系の酸味やシトラス系の酸味などが感じることができるのは、浅煎りの豆。
深煎りにしてしまうと、酸味が感じられなくなってしまうそうです。

薬膳の本には必ず珈琲が記載されています。

ある時、知人からどの薬膳の本でも珈琲がのっている。と聞いて、どうせ飲むなら美味しく
飲みながら薬膳の効果を実感したい。とお持ったのが、セミナーに参加したきっかけです。

薬膳としての珈琲を調べると、
体を冷やすと思われがちですが、薬膳では、体を冷やすことも温めることもせず偏った影響を
与えにくいもの。とされています。

・不安や緊張をやわらげるリラックス効果がある
・集中力を高める
・眠気を覚ます
・利尿作用がありむくみを防ぐ
・二日酔
抗酸化効果があり、さまざまな病気の予防もあると言われていますが、神経に及ぼす作用もあり、
飲み過ぎは良くないとされています。
抗酸化というと美容効果も期待できますよね。
ぜひ、一度、珈琲のフレーバーの違いを感じながら飲んでみてください。
浅り豆の珈琲なら、フレーバーの違いが楽しめます。深入りは苦みを楽しめます。
そして、薬膳効果があるとイメージしながら飲むと、リラックスし、さらにリラックスによる
美肌効果も感じられるのではないでしょうか。

投稿者プロフィール

みり
【出身地】京都市
【住んでいる場所】高槻市
【趣味】ヨガ カフェ のんびりおいしい珈琲を飲むことが好きです。

関連記事

  1. 初心者ランニング

  2. フルマラソン出場

  3. 大宰府に行きました!

  4. 昭和VS平成

  5. ピンクリボン運動 ①はじめに

  6. 福岡旅行

  7. 春先の肌荒れ、もしかしたら「花粉皮膚炎」?!

  8. 陶芸体験

  9. ピンクリボン運動 ②セルフチェック

ドクターピュアラボ
ドクターピュアラボ  インスタグラム Instagram
PAGE TOP