つや!透明感! 寝ている間に綺麗な肌になる方法!!

こんにちは、みりです。
クリスマスが近づき、イルミネーションで町が華やぐ楽しい時期になりました。
心はウキウキあたたかくなるのに、寒さで肌の乾燥・くすみなどが気になる時期です。
イベントが多い時期ですから、つややかな肌で過ごしたいですよね。
今回は、つややかイキイキした綺麗な肌で冬を乗り切る方法をお伝えします。

寒くなると血液循環が悪くなる!!

気温が低いと皮膚温度が下がり血液循環が悪くなり、それによって代謝機能も下がります。
寒い時、頬に触れると冷たくなっていませんか?
血液循環が悪くなれば、新しく健康な細胞を作るための栄養や酸素が不足してしまいま
すので代謝機能が悪くなる訳は納得できますよね。
さらに、秋冬は空気が乾燥して肌の潤いを奪いますので、乾燥しやすくなったりくすんだ
ように見えたり。何とかしようとクリームをつけても、肌の力が低下している時は、
保湿に注意してもそれだけでは心もとないです。
こういう時は、血液循環を良くするケアをして、乾きにくい元気な肌を作ることがお勧めです。

 

血液循環を良くするケアと言えば、マッサージ。

マッサージすると血行が良くなり、血液から肌を作るお母さん細胞(基底細胞)が栄養と
酸素をいっぱい受け取り、新しい元気な細胞を作ります。元気な細胞は、潤いたっぷりなので
肌にみずみずしさが生まれ、また血液循環がいいと血色がよく明るく見えます。
夜、お風呂につかって体を温めて全身の血流が良くなりリラックスしたあとに、
ゆったりとした気分でお顔のマッサージをして血液循環を良くしてから眠りにつきましょう。
睡眠時には成長ホルモンが発生し、日中にダメージを受けた細胞を修復してくれます。
この時、血液循環が良い状態なら、細胞の修復と細胞の新生という相乗効果が期待できます。
眠っている間にどんどん綺麗になりましょう!

冬は外気・室内の空気ともに乾燥しています。

乾燥した空気に対抗するには、保湿効果の高いクリームを使いましょう。
例えば、秋になると薄手のニットを着ます。冬になると厚手のニットを着ます。
このように、お肌にも外気から肌を守るためのニット代わりの保湿効果の高いクリームが必要です。
日中は外気や暖房の空気から肌を守るため、夜は日中の疲れを回復させて翌日からの肌に備える為に、朝夜使うことをお勧めします。
いつも栄養クリームを使っている場合は、いつもより冬バージョンに量を増やすのもいいですね。

さあ、楽しいイベントシーズン!ポイントメイクの映える素肌美を保ちましょう!!

投稿者プロフィール

みり
【出身地】京都市
【住んでいる場所】高槻市
【趣味】ヨガ カフェ のんびりおいしい珈琲を飲むことが好きです。

関連記事

  1. 日焼けしやすい人としにくい人の違いは?

  2. 美容の豆知識

  3. 乾燥肌の治し方

  4. 美容の豆知識☃冬を乗り切るために☃

  5. 骨密度と若々しさは比例する。シワが多い人ほど、骨密度が低い!

  6. 美容の豆知識 ~pHとは~

  7. メラニン色素とは、お肌を守るために働いてくれる大切なもの。

ドクターピュアラボ
ドクターピュアラボ  インスタグラム Instagram
PAGE TOP