夏から秋へ。冬を迎えるために、今から潤いつや肌のためにしておくこと。

8月末から紫外線量が下がってくるのは、一般的に知られていること。
9月も下旬になってくると、風が涼しくなり日向を歩くことに躊躇しなくなってしまって、
あっ!!となることがありませんか?

私は日傘を忘れてしまったり、お天気がいい日に日向を歩いてしまったりということは、
よくあります。。。

季節の変わり目は、お肌状態も変わりやすい!

日本の夏が湿度が高いことや汗をかくことで、夏の間は乾燥感を感じないという声もちらほら。
でも実感がないだけで、実は乾燥している肌が多いのは、現実です。

お肌の大敵、夏の乾燥と夏の紫外線。

この2つの悪影響に耐え続けてきた肌が、耐えきれずどっと疲れをだすのは、秋。
この時期です。
秋の涼しさで乾燥していると思いきや、そうではないかもしれませんよ!
肌表面の角質細胞の水分が少なくなていて、角質層がスカスカになっている状態になっている。ちょうどその時期に乾燥した空気の季節に変わっただけ、なのかもしれません。

肌に厳しい冬が来るまえに!

この時期のポイントは、角質層の潤いを増やすお手入れ。
これを肌に厳しい冬が来るまえにしっかりしておくことが大切です。
例えば、

・ごわつき、化粧水やクリームの浸透を妨げる原因となる不要な角質を取り除きましょう。
強いビーリングは刺激になる場合もあるので、ソフトなものを選びましょう。

・いつもどおりのスキンケアに加えて、潤いを増やすエッセンスやクリームを使いましょう。

・肌表面の角質層の潤いアップには、セラミドやヒアルロン酸など、もともと肌にある潤い成分を
補えるものがお勧めです。

・紫外線ダメージをやわらげる効果のある成分が配合されているアイテムもいいですね。

・紫外線対策は、引き続き行いましょう。

これからの時期、潤って艶のある肌は魅力的です。
潤いのある肌は、トラブルが起こりにくいし、とても綺麗に見えます。
艶肌を維持する為に、今から頑張りましょう!!!

投稿者プロフィール

みり
【出身地】京都市
【住んでいる場所】京都市
【趣味】ヨガ カフェ のんびりおいしい珈琲を飲むことが好きです。

関連記事

  1. 春先におすすめのお手入れ

  2. 紫外線対策は大丈夫ですか?いつまでも若々しい肌でいる方法。

  3. 秋美容。夏を過ごした肌に。

  4. メラニン色素とは、お肌を守るために働いてくれる大切なもの。

  5. メラニン色素は天然のサンスクリーン!肌を守るものです。

  6. 洗練された美しさは、綺麗な首元・綺麗なデコルテから。

  7. ビタミンⅭの働きをマッシュルームで実験!

  8. 日焼け止めをつけているのに、どうして日焼けするの???

  9. 美容の豆知識~マスク~

ドクターピュアラボ
ドクターピュアラボ  インスタグラム Instagram
PAGE TOP