乾燥肌の治し方

大寒がすぎ暦のうえでは春を迎えます。
これから梅、桜と、町が華やぐ季節。春が待ちどおしいですね。
でも実際は、今が寒さのピークで美容面では厳しい時期。
寒さと比例して肌の乾燥もひどくなります。
肌の乾燥、気になりませんか?

保湿クリームを塗って塗っても、乾燥してくる!!

お手入れアイテムに保湿クリームを増やし冬の乾燥に備えているはずなのに、
日中、オフィスにいると(または自宅で過ごしていると)どんどん乾燥してくる。
だからクリームの量を増やしているのに、やっぱり乾燥してくる。
「私の肌、いったいどうしたら落ち着くの?」と、お困りのかたはいませんか。

今の時期、乾燥する原因をあげてみましょう。

① 気温の低下
肌の働きが低下して肌の潤いを作ったり、肌の潤いを保つ働きが低下します。
② 冷たい風、乾燥した外気
肌から潤いを奪います。長時間、外で過ごすと乾燥し肌がつっぱります。
③ 暖房の空気
エアコンの空気は、乾燥しています。乾燥した空気は肌から潤いを奪います。

これらが主な乾燥の原因です。
この3点から乾燥対策を考えると、保湿クリームや保湿エッセンスをたっぷり
使うことが、乾燥をなくす一番の近道です。例えば、秋になればTシャツや
シャツの上に、ニットやコートを羽織るように、スキンケアも秋冬になれば、
エッセンスやクリームを塗布する工夫は有効で一般的です。
有効的なこの方法でも乾燥する場合は、今のお手入れ方法が、肌質、年齢に
あっているか、または間違ったスキンケアを行っていないかを検討する必要が
あるのではないでしょうか。

 

乾燥肌の対策として、まず最初に見直すべきこと!!

洗顔の方法を見直してみましょう。

1.お湯の温度は何度くらいでしょうか?ぬるま湯で洗顔していますか?
肌表面には、肌が自ら作る潤い成分があります。
お湯の温度が肌の温度より高いと、肌が一生懸命作った大切な天然の潤いを
奪って流してしまいます。
肌表面の潤いが流れても、化粧水や乳液をつければ大丈夫。と言う訳にはいきません。
実は、天然の潤い成分はスキンケアでは補えません。いくら表面から保湿成分を
補ってもカバーできないため、乾燥しやすい肌になってしまいます。
シャンプーの後、そのまま温かいシャワーで洗顔をした後の肌は、つっぱりや
乾燥感がつきもの。
そんな洗顔方法を続けているとどうなるか想像してみてください!

2.洗顔フォームの泡はたっぷりで弾力がありますか?
泡が水っぽかったり、泡が少なくて弾力がないと肌に指がゴシゴシあたっていませんか?
泡がないと指が肌に摩擦を与え、キメをつぶしてしまいます。
キメがつぶれるとスキンケアが浸透しにくくなり、乾燥しやすい肌になってしまいます。
また、十分な泡がないと、汚れを浮きあがらせて汚れを取ることができず残ってしまい、
肌荒れの原因になることも考えられます。

3.長時間していませんか?
30秒~1分くらいと言われています。長時間洗うのは肌をいためてしまいますし、
天然の潤い成分も失ってしまいます。

日本人女性は、洗いすぎの傾向があるようです。洗顔など洗う行為で肌を傷めて敏感肌
に傾いてしまうかたが多くいらっしゃいます。

冬美容“乾燥肌対策”は、肌年齢を若く保つための対策も兼ねています。

寒い時期に入り保湿アイテムを増やして、クリームを塗ってもぬっても乾燥が落ち着かない!
というなら、もしかしたら洗顔の影響で肌に必要な天然の潤いを減らしているのかも
しれません。また、寒くなると肌の働きが低下し、暖かい時期よりも潤いを作る力も
低下しますので洗顔によるダメージは、1日や2日待っても回復しづらい状態です。

乾燥する秋から冬でも簡単にできる潤いのある肌を作る方法。

洗顔方法のポイント①お湯の温度(32℃くらい) ②泡立ち ③時間さえ守れば、潤いの
ある肌を保つことができ、秋冬用のスキンケアは、しっかり効果を発揮してくれるはず。
特に乾燥肌の方や乾燥しやすい肌に変わってくる40代以降の方は、
肌表面を傷めない洗顔方法が老化のスピードを送らせるための基本中の基本です。

今日から正しい洗顔方法で、うるうる・つややか・透明感のある肌を手に入れましょう!

美しい肌への近道は、より保湿効果の高い美容液やクリームを選ぶことだけでなく、
もっと基本的なことから。
新しいアイテムを購入したり、新しいスキンケアシリーズを検討するなら、その前にまずは
洗顔方法を変えてください。日が過ぎるごとに、触れた時の肌質感が変わってくるのを
感じるはずです。
潤った肌は、紫外線ダメージをうけにくいので、つややかな肌で春を迎えたいですね!!

でも、洗顔方法が乾燥の原因でない場合、例えば、急な環境の変化、ストレス、体調不良、
年齢などの影響で、なかなか思うように肌が変わらないケースもあります。
その際は、スキンケア担当者やエステサロンの方に相談し、ぴったりのスキンケアを
紹介してもらってください。

関連記事

  1. 美肌のコツ!!紫外線ダメージを最小限に抑える方法。

  2. 美容の豆知識~☀日焼け止めのSPFとPA☀~

  3. 美容の豆知識 ~pHとは~

  4. 美容の豆知識☃冬を乗り切るために☃

  5. 骨密度と若々しさは比例する。シワが多い人ほど、骨密度が低い!

  6. 日焼けしやすい人としにくい人の違いは?

  7. つや!透明感! 寝ている間に綺麗な肌になる方法!!

  8. 美容の豆知識

  9. 紫外線対策は大丈夫ですか?いつまでも若々しい肌でいる方法。

ドクターピュアラボ
ドクターピュアラボ  インスタグラム Instagram
PAGE TOP