正しいスキンケアを身につけましょう

肌に合わないスキンケアは肌トラブルを起こします。
朝と夜の2回行うスキンケア。なんとなくやっていることが、肌を綺麗にするどころか、肌を傷めるスキンケアになっているかもしれません。
洗顔や化粧水をつけるくらい、教えてもらわなくても大丈夫!と自己流スキンケアになる前に、一度、正しいスキンケアを確認してみましょう。
お手入れ次第で美肌効果をの感じ方に違いがあります。

間違ったスキンケア

下記5点に注意しましょう。

  • 1.洗顔方法が間違っている。
  • 2.使用量が正しくない。
  • 3.化粧水、乳液をごしごしとつけて、刺激になる。
  • 4.顔の部位に合わせた使い方をしていない。
  • 5.日焼け止めを毎日使わない。

※注意すべきは、
必要なアイテムを全て使うこと。
使用量を守ること。
摩擦を与えないこと。

肌をきれいにする洗顔方法

正しい使い方で健やかな肌に。

①手を洗う

清潔な手のほうが、泡立ちがよくなります。

②顔をぬるま湯(32度程度)でぬらす

体温より高いお湯は、肌の必要なうるおいを流し乾燥させます。
※シャワーで髪を洗うついでに、顔を洗わない。

③手のひらに洗顔料をとる

④しっかり泡立てる

手のひらに少しぬるま湯をとり泡立てる。泡だってきたら、また少しぬるま湯を足し泡立てる。このように少しずつぬるま湯を足しながら泡立ててテニスボールくらいの 量になるまで泡立てる。

※シャバシャバした水っぽい泡は×弾力のある泡は〇
※泡の量と弾力は、汚れを吸着するためと肌をこすらないため。

⑤泡を転がすように、軽く洗う

Tゾーンなど油っぽい部分から洗い、目の周り頬は最後に。
長く洗いすぎると、こすって刺激になったり、うるおいをとりすぎます。

● たっぷりの泡で吸着する
・皮脂
・汗
・角質
・チリ・ほこり
・大気汚染など

⑥32℃程度のぬるま湯ですすぎ残しがないようしっかりすすぐ

髪の生え際、目頭、小鼻の脇は下、あごの下などに泡が残ると、ニキビや肌あれの原因になります。

⑦タオルで肌をそっとおさえるようにして水分をふきとる

摩擦を与えないようにしましょう。

つややかで透明感のある肌を保つ方法

洗顔後は、保湿とUVケアをします。効果的な保湿・UVケア方法を身につけてトラブルを予防しましょう。

化粧水・乳液

使用量を手のひらにとり、乾燥しやすい目元、頬の高い部分からつけ、べたつきやすいTゾーンは、最後にうっすらと伸ばしましょう。
そっと肌にのばし、肌に浸透するまでゴシゴシしないように気をつけましょう。摩擦で肌あれ、赤ら顔、シミなどの原因になります。

日焼け止め

毎日、正しい使用量を使いましょう。
くもり雨の日も、また秋冬も紫外線は降り注ぎます。お天気、季節は関係なく必要です。決まった量を使わないと、日焼け止めがうすくなり、日焼けを防げません。
正しい使用量をてのひらにとり、顔の5カ所(両ほお、額、鼻、あご)に置いてから、全体にムラなくになじませることがポイント。面積の広い頬から額を伸ばし、そのあと、鼻、鼻の下、あごなど、細かい部分のクリーム伸ばしましょう。
目元は、皮膚が薄い部分なので、こすったりしないように、やさしく目頭から目じりのほうにむかって伸ばしましょう。

関連記事

  1. 医薬部外品

  2. 春と夏の肌

  3. 肌の基礎知識

  4. 秋と冬の肌

  5. SPF

  6. 基本のスキンケア

  7. 乾燥

  8. 思春期ニキビ

  9. 大人ニキビ

ドクターピュアラボ
ドクターピュアラボ  インスタグラム Instagram
PAGE TOP