医薬部外品

医薬部外品とは

医薬部外品は、化粧品より効果が期待できますが、医薬品のように治療を目的としたものではありません。医薬品と化粧品の中間くらいの立ち位置になります。
化粧品以上、医薬品未満の効果・効能を期待できるのが医薬部外品になります。

医薬部外品/薬用化粧品

医薬部外品とは、厚生労働省が認めた効果・効能に有効な成分が配合され、予防や衛生を目的に作られている製品のことです。
その中で、製品名に「薬用」がつく化粧品は、「薬用化粧品」と呼ぶことがあります。

有効成分/薬効成分

医薬部外品の化粧品(薬用化粧品)には必ず「有効成分」という効果・効能に有効な成分が配合されています。有効成分は薬効成分とも呼ばれます。医薬部外品で配合されている原料は全て国から許可の下りた原料しか配合することができません。

※グランジュテシリーズでの医薬部外品は「バランシングジェル」です。
有効成分はニキビなどのアクネ菌に作用する「サリチル酸」と、炎症を抑える「グリチルリチン酸ジカリウム」になります。

化粧品

化粧品は日本化粧品工業連合会の「化粧品の成分表示リスト」に掲載されている原料を組み合わせて製造します。効果が高いと言われいる原料でも医薬部外品原料として申請をしていない原料は有効成分にはならず、化粧品のみでしか使うことができません。
化粧品の特徴としては、医薬部外品のように有効成分は配合できませんが、特定の原料を高濃度で配合するなど、幅広い製品の表現ができます。

関連記事

  1. 春と夏の肌

  2. 乾燥

  3. 大人ニキビ

  4. 肌の基礎知識

  5. SPF

  6. 正しいスキンケアを身につけましょう

  7. 思春期ニキビ

  8. 秋と冬の肌

  9. 基本のスキンケア

ドクターピュアラボ
ドクターピュアラボ  インスタグラム Instagram
PAGE TOP