美容の豆知識~マスク~

こんにちは!
ドクターピュアラボのあいです。

最近、ウイルスや花粉対策の影響で、電車や社内でもほとんどマスクを着用している状況です。
布マスクや不織布など色々な種類のマスクをしている人がいるのでどんな種類があるのかまとめていきたいと思います。

マスクについて

マスクには用途により、「医療用マスク」、「家庭用マスク」、「産業用マスク」の3種類に分けられ、私達が主に使っているのは「家庭用マスク」になります。
家庭用マスクはガーゼタイプと不織布タイプの2種類があり、元々医療用マスクに素材として一般的だった不織布は現在では9割以上を占めています。

家庭用マスクの種類

形状は3つのタイプがあり、「平型マスク」、「プリーツ型マスク」、「立体型マスク」になります。使用目的やつけ心地、顔の密着性などを考慮したマスク選びをするこちでマスクに効果を格段に高めることが出来ます。
①平型マスク
マスク本来の捕集や飛散防止といった機能に加え、睡眠時やエアコンの効いたオフィスなどで、乾燥からノドを守のに役立ちます。また、天然素材である綿織物を使用しているのも特徴です。一般的なガーゼマスクはこの平型タイプが多いです。
②プリーツ型マスク

顔前部にフィットし、圧迫感を与えません。前面がプリーツ状になっているため、口の動きにも柔軟に対応。マスクをしたまま話をしてもズレにくいのが特徴です。また、プリーツを上下に広げて装着することでマスクと口の間に空間が生まれ、呼吸がラクに行えます。
③立体型マスク

人間の顔の形に合わせてデザインされているため、隙間なくピッタリとフィットします。マスクと口元の間に空間ができるので、装着時の息苦しさやしゃべりにくさが大幅に緩和されます。また、女性にとっては、口紅うつりが少ないのも大きな魅力です。

マスクのメリット

保温効果と保湿効果があります。特に、乾燥が気になる唇はマスクによって外気から守られるためうるおいが持続します。
また、ウイルスや風邪の感染予防や花粉症などで咳やくしゃみの頻度が高い時の周囲への配慮にも効果があります。

マスクのデメリット

汗や皮脂やマスクの摩擦によって、肌トラブルになってしまう可能性があります。
また、マスクの中は雑菌が繁殖しやすくなり、ニキビなどの原因になります。

肌トラブルなくマスクを着用するために

①マスク選びに気を付ける
摩擦にならないように自分に合ったマスクを選ぶようにしましょう。
また、コットンやガーゼなどのマスクも不織布より肌の刺激になりにくいのでおすすめです。

②マスクによる肌荒れの予防&対処法
お肌が乾燥した状態ですと、マスクの摩擦などの外部からの刺激に敏感なため、肌荒れの原因につながります。
保湿をすることで肌表面のうるおいバランスを整えることで外部からの刺激を受けにくくしましょう。

スキンケアにも気を付けながらマスクを着用して美肌を保ちながら、ウイルスや細菌、花粉を予防していきましょう!

投稿者プロフィール

あい
【出身地】京都
【住んでいる場所】大阪
【誕生日】8月28日
【性格】周りからはまじめとよく言われます。
【趣味】ランニング、音楽、マンガ、岩盤浴
【好きな食べ物】チョコレート、お寿司
【資格】化粧品成分検定1級、化粧品検定1級、コスメコンシェルジュ

関連記事

  1. 美肌のコツ!!紫外線ダメージを最小限に抑える方法。

  2. つや!透明感! 寝ている間に綺麗な肌になる方法!!

  3. 骨密度と若々しさは比例する。シワが多い人ほど、骨密度が低い!

  4. 夏から秋へ。冬を迎えるために、今から潤いつや肌のためにしておくこと。

  5. 注意!!冬風は肌の潤いを奪っていく。

  6. ようやく涼しくなってきました。乾燥対策に一番いい方法!

  7. 紫外線対策は大丈夫ですか?いつまでも若々しい肌でいる方法。

  8. 秋美容。夏を過ごした肌に。

  9. 冬の美白ケア。

ドクターピュアラボ
ドクターピュアラボ  インスタグラム Instagram
PAGE TOP