高温多湿注意!梅雨時期のお肌環境

梅雨時期はインナードライに注意

湿気が多いこの時季、肌はベタベタして潤っている錯覚に陥りがちですが、実は肌バランスを崩し乾燥する人が多くいらっしゃいます。

さらに、紫外線やエアコンなどの影響によってバリア機能が低下し、肌内部では気がつかないうちに乾燥が進み「インナードライ」を引き起こしている可能性があり、この状態を放置するとターンオーバーが乱れ余分な角質が蓄積されるため肌に透明感がなくなります。

また、気温も上昇するので皮脂が過剰に分泌され“毛穴の目立ち”や“吹き出物”、化粧水などの馴染みも悪くなったり、汗が蒸発する時には肌のうるおいも一緒に蒸発するため、乾燥が進行して深刻なインナードライ肌に陥ります。

理想的な肌湿度とは?

肌の理想的な湿度が「約60~65%前後」に対し、梅雨時期は「約80%」と高くなることで、肌は雑菌・肌カビ・肌ダニが繁殖しやすくなります。

また、湿度や気温が高くなることで、エアコンを使う機会が増えますが、冷房の効いた室内湿度は1時間で「真冬並みの約40%」まで下がると言われています。

そうすると、冷えから血行不良になり肌のターンオーバーも遅れ、くすんだハリのない肌になります。

  

 

不要な角質を取り除きたっぷりうるおい補給を!

古い角質や毛穴詰まりを除去することで、うるおいがたっぷり入り込む肌になり、次に使うアイテムに含まれる美容成分が浸透しやすくなります。

さらに水分と油分を補うことで、透き通ったクリアな肌印象に変わります。

梅雨でも徹底した紫外線対策を!

梅雨時期は紫外線量が少ないように思われがちですが、薄い雲の場合でも紫外線は80%以上も通過して地上に降り注いでいます。紫外線によってバリア機能が低下することで、肌はうるおいを保てなくなり乾燥します。

また、紫外線から肌を守ろうと角質が厚く硬くなることで、毛穴が塞がりニキビができやすくなります。

梅雨時期でも徹底した紫外線対策を忘れずに。

梅雨にできるニキビは顔に生息する「顔ダニ」が原因かも?

顔ダニは、別名「ニキビダニ」/正式名称は「毛包虫性ざ瘡」と言います。

顔に平均で約200万匹いると言われており、皮脂のバランスを調整してくれる存在ですが、増え過すぎると逆に皮脂バランスが崩れてしまいます。

気温の上昇により顔ダニの餌となる汗や皮脂の分泌が盛んになることで、顔ダニが過剰に発生し肌トラブルを引き起こす原因になります。

そのため、普段よりもクレンジング・洗顔を入念におこないましょう。

梅雨の肌荒れは「顔カビ」が原因かも?

急に肌が痒くなったり、ポツポツと赤い湿疹ができたり…

梅雨時期は浴室や押し入れなどでカビが発生するように、肌にもカビが増えている可能性があります。肌にカビが繁殖してしまうと炎症を引き起こし、バリア機能の低下から肌荒れを引き起こします。

肌カビとは、皮膚に潜む常在菌「マラセチア菌(真菌)」のことで、皮脂をエサにして繁殖します。皮脂をエサにする「アクネ菌(真正細菌)」と似ていますが、真菌とは異なるため、肌カビにニキビケアをしても改善はしません。ニキビケアをおこなっても改善しにくい場合は、肌カビの影響かもしれません。

丁寧な洗顔と徹底保湿、マラセチア菌のエサとなる皮脂を過剰に増やさないよう、食事・生活習慣を見直すことも大切です。

お肌にとって様々な悪条件が重なる梅雨時期は、丁寧なスキンケアで肌トラブルを回避しながら美肌をキープしていきましょう✨

投稿者プロフィール

みー
《好きなもの》
 コーヒー
《休日の過ごし方》
 gymでトレーニング!

関連記事

  1. メラニン色素とは、お肌を守るために働いてくれる大切なもの。

  2. つや!透明感! 寝ている間に綺麗な肌になる方法!!

  3. ビタミンⅭの働きをマッシュルームで実験!

  4. 日焼けしやすい人としにくい人の違いは?

  5. 美肌のコツ!!紫外線ダメージを最小限に抑える方法。

  6. 洗練された美しさは、綺麗な首元・綺麗なデコルテから。

  7. 美容の豆知識

  8. 良い肌作りのスタート記念日

  9. ようやく涼しくなってきました。乾燥対策に一番いい方法!

ドクターピュアラボ
ドクターピュアラボ  インスタグラム Instagram
PAGE TOP