春先の肌荒れ、もしかしたら「花粉皮膚炎」?!

こんにちは。ドクターピュアラボの中でも最も花粉症がキツイ恵です。(自称w)
今回は、最近よく耳にする「花粉皮膚炎」についてお話したいと思います。

花粉皮膚炎とは?

春先や秋口など、花粉が飛ぶ季節に、肌の赤みやチリチリとした痒みなどが出たりする症状を
花粉皮膚炎」といいます。
花粉皮膚炎は、下記の様な症状が挙げられています。
・乾燥
・赤み
・チリチリとしたかゆみ
・ヒリヒリする
・湿疹

<花粉皮膚炎かも?チェックリスト>
□ 2~4月にかけて症状が出る
□ 顔や首だけがかゆい
□ 化粧ノリが悪くなった
※いつも使っている化粧品がヒリヒリするなど
1つでも当てはまると「花粉皮膚炎」の疑いがあり?!

発症部位としては、上まぶた、ほお骨、あご、首など
露出している部分にこの様な症状が見られることが多いようです。

原因は、バリア機能の低下

通常、バリア機能が保たれた肌は、花粉やアレルゲンなどが侵入する隙はなくトラブルも起こりにくいのですが肌表面のキメが乱れ、角層がめくれ上がっている状態であったり、乾燥の厳しい冬を過ごした肌の潤いが不足しているなど、肌表面のバリア機能の低下によって、花粉やアレルゲンが皮膚に侵入して、それらが刺激となりトラブルが起こります。

トラブルが悪化すると、痒みが悪化したり、掻いたりすることで黒ずみ(色素沈着)になったり、
強い炎症反応が出てしまいます。

花粉から肌を守りましょう!

その1
花粉に直接触れない事が大切です!
顔や首を中心にガードする様に心がけて、マスクやメガネ、スカーフなどで対策しましょう。
ついでに紫外線対策もできるので、一石二鳥ですね!

その2
バリア機能(自肌力)を低下させない事!
朝晩のスキンケアで肌表面の水分油分バランスを安定した状態に整えましょう。
お手入れ時の摩擦は肌を痛めてしまいますので、摩擦に注意してお手入れをしましょう。
また、クレンジングや洗顔の際の、すすぎ湯の温度が高すぎると、肌の潤い成分までも洗い流してしまうので、お湯の温度(ぬるま湯32度程度。ちょっと冷たいかな?と思う程度です)にも注意しましょう。

花粉皮膚炎になっている状態で、洗顔のすすぎ残しがあると、更に悪化する場合があるので、
すすぎ忘れの無いように、特に、髪の毛の生え際・小鼻の周りなどに注意しましょう。

ドクターピュアラボでのお手入れは

赤みや炎症が強い場合は、リハビリトリートメントのお手入れをおこない、バリア機能を整えましょう。もしかすると、花粉などの影響で、No.18などの栄養価が高いクリームでヒリツキを感じる人がいるかもしれません。そんな時は、使用量を調節したり、ヒリつく部分には一旦、使用を止めたりしてお肌の様子を見ながらお手入れをおこないましょう。また、No.12の美容液は肌を刺激から守って保湿する為、刺激を受けた肌にもマイルドに働きかけてくれる嬉しいアイテムですが、バリア機能が低下している時は、No.12もヒリつく場合があります。そんな時は、No.10で表面を整えてからNo.12を使用するようにしましょう。

私はというと、、、もともと顎にニキビが出来やすいのですが、この時期はマスクをつけっぱなしなので、ニキビがうずくような気がして(汗)
なのでこの時期、ニキビの出来やすい顎周辺には、手に残ったほどのクリームだけ軽く塗るようにしています。(No.12の美容液までは通常通り)
そして、鼻をかむ回数が増えるこの時期は、鼻の周辺がカサカサ・真っ赤になっているので、保湿テッシュを使う様にしています!

毎年の事ですが、早く花粉の時期が終わってくれることを願うばかりです。。

 

投稿者プロフィール

めぐ
【出身地】大阪
【資 格】ピンクリボンアドバイザー
【趣 味】片づけ ※暇さえあれば片づけをしています( ^^)

関連記事

  1. 高野山へトレイルランニング

  2. 肌は内臓の鏡 ~内視鏡検査(胃カメラ)を受けてきました!~

  3. ピンクリボン運動 ②セルフチェック

  4. 福岡旅行

  5. 昭和VS平成

  6. チョコレート、お花など、プレゼントの風習いろいろ。

  7. 桜を楽しむ🌸

  8. 陶芸体験

  9. レーシングカートとは?

ドクターピュアラボ
ドクターピュアラボ  インスタグラム Instagram
PAGE TOP